-TOP-
ブログを始めて数年が経ち、今までの記事をまとめてみようと思い、 TOPに固定記事を作ってみました。

少しづつ、整理してリンク掲載していくようにします。

TOPmatome Page

紅花関係
「半夏1つ咲き」とは? 趣味の紅花
紅花の収穫 その1 その2 
紅餅の作り方 その1 その2 その3 その4 その5(fin)

さくらんぼ関係
もぎ方講座 “さくらんぼ”もぎ方講座

 

サクランボ最終日

本日、全てのご注文の発送が終わりました~
注文書の確認もしたので、発送漏れは無いはず…
というか、今の時期に発送マダ?の問い合わせの電話が鳴らないのは良いことです♪鳴ったら一大事ですが(^_^;)

今年も例年と変わらぬご注文をいただきありがとうございます。
今年は例年以上にクレームもなく、お客様に助けて頂いた年かもしれません。
皆様により美味しくサクランボをご賞味いただけたら幸いです。

今後共、《山形のサクランボ》を宜しくお願い致します。


Rs170709-173131-DSC01001_27.jpg
例年のことながら、ギリギリでのまだ注文大丈夫ですか?のご注文は嬉しいのですがヒヤッとすることも(・∀・)
今からFAXしますとか電話で言われるとビクッと…
たまぁーにとんでもない量の注文が来たりして、今からこの量を集荷時間まで…
一気に1人戦争モードになります。
発送伝票の作成と確認が終わると、少しでも早く出来るように詰め手に回り、目処が立ってきたら詰めたサクランボのチェックをしながら最終確認と、発送予定の漏れがないかの確認(日付指定とか…)合間を見て園地からサクランボをピックアップしたり、まぁー余裕のない仕事っぷりで周りに助けてもらっておりますm(_ _)m

詰め手は集荷時間まで出来たら良いんだべぇーと余裕ですが、集荷時間に詰め終わっても、発送担当のこっちは荷造り梱包の時間が無いのであります(-.-;)
最終的には運送業者の端末入力と荷造り梱包の、どちらが先に相手を待つ余裕ができるかでデットヒートが繰り広げられるのであります(笑)
サクランボ期は正規のドライバーじゃない応援部隊が入るので、デットヒートはだいたい勝てるのですが、タマァーに熟練応援部隊が来ると、ちょっと待って後○個で終わりと負けたりします(爆)
スポンサーサイト

Tag : さくらんぼ

お待たせして誠に申し訳ございませんm(_ _)m

例年以上にサクランボをご注文頂いたお客様をお待たせしております。
もうボチボチお問合わせの電話がなっております_| ̄|○
Rs170621-141757-IMG_20170621_141757_27.jpg
並べ詰めもギリギリの状態でやっているので、イマイチキレイに並べきれていない…
まだ届いていないというお客様、今しばらくお待ち下さい。

必ずお送りいたしますので、ギリギリ27日まで発送を延ばす予定でおります。

サクランボの詰手のアルバイト未だに募集です^^;
例年の約半分の人員で今年は頑張っております。

↓以下は愚痴っぽいので字を小さくしておりますので読み飛ばしちゃって下さい!
運送業者の人手不足がアチコチで問題にされたためか、今年は時間指定や日時指定のお客様が多く、予想以上に手間を取られております…
予想外にしわ寄せがこっちに来た感じです(・.・;)

まぁー運送業者も毎日と言うか、1日何回も顔を合わせているので大変なのは分かりますが…汗ダラダラで走り回っております。
お客様への到着日時から発送日時を逆算して、発送業務になるのですが1種類の商品だけではないので、その影響は収穫まで影響を及ぼしております^^;
樹によって成る実が違う(色づき・粒ぞろい・登熟具合等)ので、日時指定のお客様に合わせて、収穫する樹を次々に変えていかなければなりません(汗)
モギ手(収穫班)もかなり困惑して、発送の方からの「このクラスのサクランボが欲しい」等の要求で振り回してしまっております…

例年は、サクランボに合わせて収穫して、選別して出来た物をお客様の注文に合わせて割り振らせていただき発送となっていたのですが、その中でも日時指定には対応できていたのです…
電話応対に割かれる数分の時間さえも惜しい忙しさであります。


詰め手不足も重なり、皆様への発送が立て込んでおり、お問い合わせ頂いても発送日時を確約できない状態であります。
誠に申し訳ございませんm(_ _)m

今週末が勝負であります。
一気に皆様への発送を9割9分終わらすつもりでありますので、今しばらくお待ち下さい。

Tag : さくらんぼ

収穫前オロヌキ

サクランボの収穫前です。
今年も豊作であります…
Rs170604-110442-IMG_20170604_110442_27.jpg
成りすぎた実の摘果作業であります。
5月の話を今更載せています…
この畑は、成った実の6割以上は落としてしまいます。
品種にもよりますが、そうしないと皆さんにある程度の大きさのサクランボをお届け出来なくなってしまいます(-.-;)

Tag : さくらんぼ

今年も田植えが終わりました。

今年もなんとか田植えが終了しました。
連日の30℃超えの日々は過酷でしたが…

日陰のない田んぼ、水分いくら有っても足りない暑さでしたね_| ̄|○
秋の稲刈りまで管理が続きます。

その前にサクランボの戦争が待っておりますが…

在庫が少なくなってきた

モミガライトの在庫が500kgを切った…
いつもより早い、冬場にガッツリ在庫を溜め込むと秋口までは毎年保つのだが…
Rs170511-111440-DSC00962_27.jpg
コンテナに入れて積んで保管。

1コンテナ約30kgになるのだが、まぁー積むのも持つのもこの重さが限界というか丁度というか…
人力で積むのは6段が限界_| ̄|○
数をこなすのも30kgが限界_| ̄|○

Rs170511-111508-DSC00963_27.jpg
箱詰めして、雨なのでカバーして配達。
サービス分含め約350kgくらい。

雨の日はリフトがあるだけで楽ちん
雨の日の人力積み込みは…
車を作業場所に入れなきゃならなくなるので、それだけで狭くなる。
その上、車の雨垂れや足の水滴がダンボールにつかないか気を使う^^;

んー夏前に少し製造しとかないとダメかな…
暖かくなってからのモミガライト製造は極力避けたい管理人。
汗ばむ季節に籾殻の埃っぽい場所と熱気はちょいダレる。

Tag : モミガライト

追い立てられて次々と

畔塗が終わると終わった田んぼから追い立てられるように荒起しです。
相手はパワクロ95馬力!エアコン・ステレオ装備(笑)

対してこちらはホイール・タイヤの36馬力!エアコンステレオどころかキャビンなし(爆)
ついでにこっちは雪で潰れたハウスの下敷きでボンネット凹んでるしね~

Tag : 稲作

今年も花見行けず

恒例というか毎年だが今年も花見に行けず…
桜は見てるが花見という行事はナシ
Rs170427-163957-IMG_20170427_163957_27.jpg
GWも人混み渋滞には縁遠く(笑)
周りに居るのは100m以上も離れた先の白い軽トラや青や赤のトラクター

でも、この田んぼの作業の時だけは、堤防の上から引っ切り無しに見下される(/ω\)キャッ

Tag : 稲作

風が強かった

もう少しで田植えが始まる…
田植えが終わったとおもたら、サクランボが始まる^^;
3854_R0602.jpg
とりあえずお盆まではノンストップかな…

Tag : 稲作

スノーボールも同時進行

田植えの準備もしつつ花卉も出荷です。
ビブルナム・スノーボールです。
Rs170426-155701-IMG_20170426_155701_27.jpg
2月で一度出荷を終えたのですが、その後にもう一度ハウスで促成です。
露地物より2ヶ月ほど早い出荷です。

看板犬もお手伝い、というか目を離すと花を千切っては投げして遊んでしまいます…
オイッ( ゚д゚)ハッ!

Tag : スノーボール

田植えの準備

田植えに入るまでまぁー色々と下準備がある訳で…
パタパタとやっております。
Rs170425-114349-IMG_20170425_114349_27.jpg
田んぼの畦の修復というか、畔塗と言います。
まぁーこれが時間のかかる作業でして、いくら頑張ろうとも一日にできる量が限られている感じです。

田んぼの境界を機械できれいに固めていくわけですが、漏水防止や初期の防草効果等々色々な役目があります。
水稲の栽培体系を確立した人は凄いっすねー
少しずつ改善されてきて今に至るんでしょうが、畦の役割ってカナリデカイですね。

Tag : 稲作

水稲種蒔き

土日で水稲の種蒔きが終わりました
結構重労働なので、人数確保で2日間で一気に蒔きます。
Rs170422-145955-DSC00951_27.jpg
種蒔きと同時進行でハウス内に苗箱を並べていきます。
基本は変わりませんが今年も少しやり方を変えて、毎年試行錯誤でより良い苗になるように(*^^*)

Rs170422-145937-DSC00950_27.jpg
看板犬二匹もしっかり出勤。
種蒔きより外が気になる様子。

皆さんにお届けできる精米になるまで、あと半年近く。
気象に負けず実りの秋が迎えられますように~

Tag : 稲作

春剪定終了

今年もなんとか剪定が終わりました^^;
毎年のごとくギリギリですが… 終わったのは4月10日頃です。
Rs170423-174028-DSC00954_27.jpg
手元にある剪定鋏を集めてみました~
数名で一気に枝を切る事があったので、かき集めた(^_^;)

一応、機種名載せると左から
・レザーソー 楽なんです剪定鋏(アンビル)
・山形打刃物 工藤製 A型
・Felco 31(アンビル)
・Lowe 8104(アンビル)
・山形打刃物 小松製 剪定芽切
・アルス VS-8R(ロータリー)


探せばまだ出てくると思うが見つからなかった

Tag : さくらんぼ 剪定 仕事道具

この時期の定番 第2段

剪定作業も落ち着き、少しづつ春の暖かさが(*^^*)
っていうかいきなり20℃超えるとか変じゃないですか…

さてさて、またまた普通の人には興味のないマニアックな動画です^^;

で、定番のちょっと変わったチェンソーの切り比べ動画です。
今度はバッテリー機の2機種プラスアルファでのテストです。

機種としては2機種
1コース Stihl MSA160T 標準仕様
2コース 丸山 MCV181BT 標準仕様
3コース 丸山 MCV181BT + PM3仕様


まぁー意味不明ですね…
その上微妙にややこしいです(・.・;)

事細かに説明してきますと(興味ない方は適当に動画流してこんなことできるんだ程度に見てやって下さいm(_ _)m)

まず【丸山製作所 MCV181BT】というバッテリーチェーンソーを数年前に剪定用に導入したのですが、まぁー使いづらいこと数回の使用で眠りについたわけであります。

まだ前置きが長くなりますが【丸山製作所 MCV181BT】の情報は殆どネットに無いと思うので、簡単に説明しますね~
動画を先に見た方はなんとなくお気づきかと思いますが、電動工具で有名なマキタの18VのバッテリツールのOEMです。
多分、UC122DRFあたりのOEM機だと思います。
まぁー丸山製作所の営業さんがはっきりマキタのチェーンソーがって説明したりしましたし間違いはないですよね。
【丸山製作所 MCV181BT】  【マキタ UC122DRF】
 もしかしたらUC122の一個前の型かも?

何故【丸山製作所 MCV181BT】が使えなかったかといいますと数点あります。
・ガイドバーの先端にキックバック対策とかで変な形の邪魔な物がついております、剪定の細かい作業に向いてないです…
剪定というより枝払いなら少しは使えたかもしれませんが、果樹の剪定では致命的に邪魔でありました…
・18Vのバッテリーパワーに25APのチェーンが合っていない。
チェーンソーで切っている感じではありません、ゴリゴリゴリと削っている感じが強く振動が凄いです。
ゴリゴリ感が強いので、切り始めがスッと入っていきません、ということは振動で刃がぶれた分細かい剪定向きではなく、切口も汚いです、楽をするために無理して使うほどでも無いという印象、切削速度も遅いので…
・あっという間にバッテリーが無くなる。最初についているバッテリーがBL1830で3.0Ahの容量です。
ほんとにあっという間にバッテリーが無くなり時間的にキツイです、本当に仕事で使うならあと2個は必要ではないかという感じ。
・バーが短いのは分かっていたことなのでいいのですが、先端のキックバックガードのせいで目立て作業がどうにもやりにくい。
本体を逆さにして目立てしないと、ヤスリを動かす余裕さえありません。逆さにして目立てするので本体の安定性がよくありません


オモチャのようですが、有名メーカーの35ccくらいの小型のエンジンチェーンソーが買えるくらいの値段がしますので、数回の使用で眠らせておくのももったいないので、ガイドバーとチェーンを違うものに変更して少しでも使いやすくしようと思ったわけであります。

スチールにPM3という電動チェンソーや小型チェンソー用のチェーンがあるのでそれが使えたら少しは良いんじゃないかと考えたわけであります。
【丸山製作所 MCV181BT】は標準でオレゴンでいう 25AP(1/4" 1.3mm)のチェーンがついております
それをスチールのPM3(1/4"P 1.1mm)に変更しようというわけであります。
このチェーンはとりあえず超小型機用のスチールでしか無いのでスチールでしか使えないように思いますが、自己責任ならどうにかなりそうなのでガイドバーがないか考え始めました~

パワーが無いのでガイドバーはなるべく短いものが欲しいですね。
PM3はカットチェーンしか販売がないようなので、既存のコマ数が使えるものである必要がある。
ネットで調べると他のバッテリーチェンソーにPM3を使っている情報がありません…
こうなると自分でやってみるしか無いとなる訳であります、人柱であります。
スチールショップの菊地農機さんでチビっと相談すると面白い情報を耳にしたのでやる価値あるかなと思い始めたのであります。

調べ始めるとこのPM3仕様にするには数種類のガイドバーの選択肢があり、剪定で使うにはと考えると絞られてきます。
まずスチール純正のガイドバーが数種類あります、管理人的にマキタのチェーンソーにスチールのガイドバーは何か面白みがないので却下です、というかMSA160が手元にあるので新鮮さが半減です。
次にハリマ興産のサムライカービングバーが思い浮かびますが、剪定で雑に扱うには摩耗が激しいような気がします。
なんて考えながらハリマ興産のカタログを見ているとローキックバックガイドバーの9インチなんてもうピッタリのガイドバーがあるじゃないですか(-ω☆)キラリ
スチールのPM3用に企画された?ガイドバーのようでカットチェーンもそのままのコマ数で使えます。
スチールの25cmの56コマがそのままいけます。
もうこれしかありませんね~

少し悩んだふりをしつつ、早速発注です。
着いたら早速試し切り♪
ネットに情報がないのでいつもどおり切り比べの動画を作ってみる。

まぁーわかりにくい長ったらしい文章になっておりますが…
分かりやすく?まとめると(マニアックで興味ある人居ないんじゃなかとも思われますね)

【マキタ UC122DRF 18Vバッテリー】
  +
【サムライ ローキックバックセーフティーバー 9インチ】
  +
【スチール PM3 1/4"P 1.1mm 56コマ】


で多少は使いやすくなりますよという話。
ゴリゴリ感の軽減に、カットスピードアップ、やって損はないと思います。
もちろん自己責任で(゚∀゚)

Tag : 仕事道具 剪定

剪定芽切鋏

待ち焦がれたハサミが出来上がったという連絡が入ったので受け取りに行ってきました(*^^*)
剪定芽切鋏(せんていめきりばさみ)ってあまり聞かないハサミですが。
Rs170319-205820-DSC00939_27.jpg
発注したときは知らなんだが、此処のハサミはどれもずっと人気で数ヶ月待ちの物だったらしい。
もちろん4ヶ月近く待ちました^^; 注文してから数ヶ月待ちの連絡が入り気長に待つことに~
んっ?箱よりハサミが大きくない?

Rs170319-211126-DSC00944_27.jpg
上の普通のサイズを発注していたのですが!!
受け取りに行ったら、下の長い方が訳アリ品であったのでその場で衝動買いです。
お安くしていただきました(-ω☆)キラリ
その上、直ぐに持ち手に輪っかまで付けてもらいました~

Rs170319-205941-RIMG0037_27.jpg
巷で人気?の飛庄です。
管理人ニヤニヤして眺めております。

Rs170319-211310-DSC00947_27.jpg
で、なんで剪定芽切鋏なのかというと、切り花で使います。
最盛期には何千本と切ってから、出荷調整の長さを揃えるのでまた切ります。
最近は一部の薔薇やさんでこの剪定芽切鋏という型が人気なんだとか?

Rs170319-211234-DSC00946_27.jpg
大きい方は正式には《片刃片手刈込鋏》というらしい農家ではまず使わないサイズのハサミですね~ これ使うのは造園屋さんだよね
採花の時は1本1本切るので普通の芽切鋏でも良いのですが、出荷調整のときに5本まとめ10本まとめと一気に切るし遠い場所の花を切るのに、このサイズでどうでしょうかという感じ管理人が使いこなせ無さそうであります…
というか、早く現場で使いたいのですが…花は2月でとりあえず終わってしまった^^;
また数カ月後に温存です…

同じ山形県なので、飛塚製鋏所(飛庄)さんに直接取りに行ってきたのですが、良いことばかりありまして訳アリ品をお安くいただけたのもありますが、製造現場まで見せていただけました。
あまりにも恐縮しすぎて聞きたいことも聞けなかった?というか何を聞いたら良いかもわからず説明してくれているのに返事をするのが精一杯でありました。
他の仕事場にお邪魔するのは何処に行っても緊張しますね。仕事中邪魔してないかとかついつい考えてしまう(*^^*)

おっと、訳アリ品は普通は市場に流せないし、売ることも無いというのですが譲っていただけました。
説明されなきゃ分からないような所がアレなだけなので、管理人的に全然問題無いですと譲ってもらいましたので、訳アリ品無いですか?とか問い合わせしないで
下さいね。

なんで、サクランボや果樹の剪定時期に普通の剪定バサミの話じゃないの?と突っ込まれそうですが…
天心園、剪定部隊は電動剪定バサミに完全移行してしまいました~

Tag : 仕事道具