安い水分計

もみ殻の乾燥状態を把握するために、なんでか薪なんかで使われる水分計を流用しているのです。
で安いやつを見つけたので試してみることに。
IMG_20161206_171454.jpg
2,000円しないくらいで買えるやつです。
大体の水分がわかればいいので大きく狂ってなきゃ儲けもの。

IMG_20161206_171310.jpg
大きく狂ってはいないようです。
他の水分計と比べても誤差は1%未満ぽい
もみ殻の水分自体測るのが結構誤差が出るんですが、大体分かればいいって感じです。

というかモミガライト作っていると、水分計を使わなくてもなんとなく水分量が分かってしまうんですがね(*^^*)
モミガライトの出来上がりや、もみ殻の流れる様子なんか見てると分かっちゃいます。
それだけもみ殻観察してます(笑)

今、グラインドミル買うと水分計ついてくるみたいな話だったなぁー
ちゃんとした水分計は超高いので、3000円ちょいの薪の水分計をトロムソさんに教えたのは当園かもしれませんよ~
実演している目の前で、チャッと水分測って見せたの私です(´ε` )
全然違うしって言われそうですが(爆)
スポンサーサイト

Tag : モミガライト 仕事道具

補強は必須!

前に紹介したエンジン式ブロアです。
籾殻を吹き飛ばしたり、吸い込み掃除したりして大活躍でした。
↓前回記事
http://tenshinen.blog.fc2.com/blog-entry-1890.html
Rs170113-114546-IMG_20170113_114546_27.jpg
ファン周りの黒い部分、ゴム塗料で補強してもらいました。
籾殻の吸い込みでの摩耗が著しく、ブロアに穴が開いてしまったために、新規部品を補強する意味でやりました。
どの程度、保つかは今からですが何もしないよりは絶対マシということで、少しは寿命が延びるはず(*^^*)

普通に用途通りに、落ち葉の掃除程度に使っていたら全然問題ないんですがねぇー
稲を扱う機械は、とにかく摩耗が凄いですね。コンバインに乾燥機、籾すり機と鉄板に穴が空いたことがない農家さんはいないのではないだろうか!?

Tag : モミガライト 仕事道具

雪かきに必要か?

今年はが多めの年となった天心園地方です。
屋根の重なり部分の落ちてこない雪は…雪下ろしするしかなく(*_*)
Rs170127-115400-IMG_20170127_115400_27.jpg
スコップ2本にスノーダンプ!んっ?雪かきに必要ないような物が雪に刺さっております。
あまりの硬さにスコップでは歯が立たない状態でして、チェーンソーを持ち出しました^^;

チェーンソーで切ってはダンプで運んで降ろしを繰り返し、チマチマと半日仕事で3日かかって終了しました…
雪の重さと硬さで、スノーダンプはベコベコになり、チェーンソーを使わないともっと時間がかかっていたと思う。
というか、チェーンソーを持ち出したのは3日目で、前2日はスコップで雪を叩き割って汗だくになってやっておりましたよ(;´д`)トホホ…
道具の用途外の使い方は!?自己責任でお願い致します。
チェーンとバーには余りオススメできる使い方ではないと思うので。

それでは、久々のブログ更新となってしまいました。

Tag : 地域情報 仕事道具

スチールバッテリー

なんだかんだで農家にもバッテリーツールの使用頻度が増えてきております。
電動剪定バサミなんてもう楽チンこの上ないですが(´▽`)
IMG_20161205_144705.jpg
スチールのバッテリーツールのバッテリーの保管運搬用にケースを物色していたのです。
まぁー専用ケースは高いので汎用ケースで代用です半額以下だし。
最初から入っているスポンジはブロック形状で簡単に切ることが出来るのでいい感じ♪

IMG_20161205_144638.jpg
『TRUSCO トラスコ中山 プロテクターツールケース オレンジ L』です。
ピッタリ収まりました~
後はスチールバッテリーツールと分かる何かステッカーでも探してみますかねー

チビっとマキタの何かの18Vバッテリーツールも映りこんでますね(^-^;

Tag : 仕事道具

田んぼなのにサーフ

ニプロのサーフロータリー評判がいいです。
サーフって波?実演機を使う機会に恵まれまして~
Rs161123-104631-IMG_20161123_104631_27.jpg
超速いです、5キロ後半から6キロでガンガンうなっております。

Rs161020-120042-IMG_20161020_120042_27.jpg
爪の形状と付き方が違うそうで、違うけど高速作業が出来る原理はよう分からない。

で、雪が降る前に色んな作業が急ピッチで進んでおります(;´Д`)

Tag : 稲作 仕事道具

冬支度

冬の間に使わない機械の燃料抜きです。
2サイクル関係の燃料抜いただけで、3リットルくらい出た…
Rs161124-133608-IMG_20161124_133608_27.jpg
5本もある刈払機もフル稼働すると足りなくなる(゚Д゚;)
そして、その都度色んな刈刃を試すのですべて違ったりする。

他のガソリンエンジンは燃料コックを閉めて、ガソリン無くなるまでエンジン回して終わりですよね。
ポンプや動噴、SSは水抜きして、状況によっては不凍液循環。

Tag : 仕事道具

曲がった…

やっとわって田んぼの準備が少しづつ進んでおります。
畔塗作業はどう頑張っても速度を上げて速く出来ないので…
Rs160401-101509-DSC00788_27.jpg
恒例の月山をバックに畔塗風景。
天気が良さそうですが、冷たい風が強く寒いです(''Д'')

Rs160401-102013-DSC00791_27.jpg
で、ぐんにゃり曲がった(;'∀')
これがなんとも真っ直ぐ塗るのが難しいんですねー
少しでも土を多く取ってしまうと一気にトラクターの尻が横ズレして真っ直ぐになりません…
常時少しづつ横に押されてズレていくので車体が斜めに走っていく感じでやってますので余計に真っ直ぐ塗るのが難しい。
まぁーよそ見してても曲がるんですが…

RsDSC00802_27.jpg
で、毎日監督が後ろをついて歩いてます。
時には大きな黒い(カラス)のに入れ替わるときもあります。

Tag : 稲作 仕事道具

2個2個でニコニコ(^^)v

ライオン・Loweのハサミをお使いの方?お困りの方?朗報です!!
まぁー日本で管理人たった一人だけかもしれませんが…
予想通り上手くいったので情報として載せてみます。
Rs160315-131206-IMG_2016031.jpg
ライオンの剪定鋏はドイツですね、使いやすさにチョイと感動している今剪定シーズンです。
現在、日本で流通しているというか輸入されているアンビルタイプの2種類
(日本で出回っているライオン鋏は種類はもっとありますが今回の目的達成にはこの2種類です。)

前にブログにもUPした8107です、今シーズン使ってレギュラー獲得のハサミです。
で全く興味が無かった6104の直刃のアンビルタイプの剪定バサミ、今回は刃よりもグリップ本体部分が欲しかったんです。

Rs160315-131514-IMG_20160315_131514_27.jpg
分解分解、刃の部分だけでOK!始めてやったので要らない部分も分解してしまいましたが…
勘のいい人はもう気づいていると思いますし、前の記事でも違うグリップが欲しいが日本に輸入してないって管理人ブツブツ言ってましたしね…

Rs160315-132139-IMG_2016031.jpg
出来た!! 管理人が熱望していたグリップのライオン鋏が出来上がりました(^^♪
日本には無い型の完成!8104これが欲しかった♪

あ!分かりにくいですが8107とか8104とかは型番ですね。

今回も実機の6104がどこでも売っていなかったので、上手くいくのかビクビクしながらの発注だったんです(≧▽≦)
ひたすら剪定しているとフと目に入ってきた下刃の取り付け部分、あれー真っ直ぐ水平だぞ、もしかしたら直刃のアンビルと形状一緒なんじゃないか?と良からぬ想像が働きはじめたのであります。

案の定上手くいったのでホッとしているんですが!!
んーあんまり出番のなさそうな6107という型番のハサミが1丁出来上がってしまった…
まぁーこっちも全然切れ味良いので予備機として使っていきましょ(^-^;

ということで6シリーズと8シリーズは刃に互換性があるようなので付けたい方で行けますね。
今まで直刃タイプを使っていた方が、替刃だけ丸刃タイプにしてみたりその逆もOKですね。
7シリーズは刃が小さいので互換性ないと思います。

Tag : さくらんぼ 仕事道具

剪定バサミアレヤコレヤ

毎日チンタラ剪定やっている管理人です。
まぁーペースが上がらない(^-^;

喝を入れるべく剪定鋏をいじってみたりする。
で、適当に動画を編集する。
こんな事してるからペースが上がらないんじゃないって?

いやいやこんな寄り道も勉強です(´▽`)

Tag : 仕事道具 さくらんぼ

また剪定ばさみの話

毎日剪定やっておりますが、まだ腱鞘炎にはなっておりません♪
多少指は太くなりました、左右の指の太さが違う(^-^;
Rs160224-165654-DSC00736_27.jpg
[ライオン Lowe 8107]の剪定鋏です。
Loweが会社名なのかな?ドイツ産です。
今年から使い始めました~

Rs160224-165631-DSC00735_27.jpg
これでも一応アンビルタイプです。
刃が湾曲?丸刃?となっているため、普通の直刃のアンビルタイプより切れる感じがします。

この8107という型番のハサミの情報が余りなく実物を確認するまでどんなもんか分かりませんでしたが使って正解ですね。
管理人にはグリップ形状がイマイチしっくりきませんが…
日本ではこの形のグリップが販売数が多いそうです。
このグリップ問題は少し考えがあるので、上手くいったらブログUPします。失敗しても情報としてUPするかもですが(^-^;

本当は8104って型番の方が欲しかったのですが、日本に輸入が無いそうでとりあえず諦めてこちらにしたんですけどね…

人によっては高い剪定バサミ仕事で使うのはもったいないっていう人もいますが…
腱鞘炎や筋を痛めたりしないように、自分に合ったなるべく手に負担のかからないハサミを使うのに多少高くても導入してしまいますね。
話を聞くと多分、造園やさんより果樹農家さんの方がハサミに煩いかもです(*_*)
まぁー切れりゃ何でもいいっていう人もモチロンいますし、造園やさんでも凄いこだわりで良いハサミと鋸を使っておられる方もいますしね。
やっぱり人それぞれなのかな(´▽`)

仕事道具は自分で使ってみるのが一番ですし、ハサミやノコのウンチクで選びだしたら何も決まらないと思いますし自分の仕事内容に合わないかもしれませんしね。
もちろん先輩方がどんなの使っているか、どんな使い方をしているかもいい意味でも悪い意味でも参考になりますしね。
大体、皆さんそれなりに自分に合う道具に辿り着くまで試行錯誤していらっしゃいますから(@_@)

Tag : 仕事道具